奈良のイベント会社として、おかげさまで今年で25年目。今後も愛する奈良を盛り上げる為に、一生懸命頑張って参ります。私達イベント21は地元奈良から日本全国展開に挑戦し、現在では世界中のお客様のイベントを成功に繋げるお手伝いをしている会社です。

社会貢献活動

社会貢献活動

東日本大震災 募金箱支援 マザーワーク導入企業 障がい者の実習支援 砂漠にポプラ苗木を 難民の保護支援 薬物乱用禁止 サッカーで奈良を元気に。奈良クラブのスポンサー支援 生き生き職場作り 奈良認定企業 動物の孤児院支援 犬や猫を守る社会構築 ご当地弁当で社会貢献。働く喜びを学ぶ活動支援


  東日本大震災からの復興を心よりお祈り申し上げます。頑張ろう日本!

人が集まる事が「イベント」です。イベントに関わる私達だから出来る方法で、困っている人の力になりたい。

イベントを開催される方達が私共のお客様です。従って、イベント21がご協力させていただいております日本中で年間4000件以上のイベントの中から、例えいくつかでも募金箱を設置出来ればと思いました。

私達も被災地へ救援物資などを送付しましたが、イベント21一社ではとても小さな力です。
ですが、私共のお客様や、お客様のお仲間(法人や団体)、そしてお客様のお仲間皆様で開催されるイベントに来られる来場者の皆様の力を合わせれば、きっと大きな力になれると信じています。

そこで、お客様のイベントで募金を行われる場合は、弊社のレンタル商品「募金箱」を無料でお貸し致します。
(3日間のレンタル価格が2,700円の商品です)
必要な場合はお見積もりフォーム送信時に備考欄に記入していただくなど、必ず事前にその旨を弊社担当者までお伝えください。
集まった募金は、お客様の手で被災地に送金してあげてください。日本赤十字社などを通じても募金出来ます。

募金活動を行うにあたって、いくつか注意点が御座います。
街頭募金をされる際は、必ず警察署へご申請ください。その他、募金に関する質問はお客様でご確認願います。

参考までに…
[担当窓口]日本赤十字社 東北関東大震災義援金担当
Tel: 03-3437-7081
E-mail: info@jrc.or.jp

私達イベント21は、お客様のイベントをお手伝いする事業を通じて、東日本大震災で被災された皆様の復興にご協力致します。



弊社もチャリティイベントのお手伝いをさせていただきました!





協力 : 日本赤十字社

 
働くママを応援出来る社会へ。子供と家庭を一番大切にしてほしいから。

小さなお子さんが居る方でも社会で活躍出来る会社を、私達イベント21は目指しています。

結婚や子育てで家庭に入られる女性のうち、孤独を感じていたり、「何か社会と繋がりたい」「自分のスキルを活かして貢献したい」と思っている方達が世の中には沢山居ます。
だけど、小さな子供を持つ母親として、仕事をする事で「会社に迷惑をかけてしまうのではないか…」「家庭に迷惑をかけてしまったらどうしよう…」と悩んでいるんですよね。

子供が居るうちは無理だと、どうか諦めないでください。
お母さんには、子供も家庭も一番大切にしてほしい。そして出来る範囲で、あなた自身を活かして、社会で素敵な仕事をしてもらいたい。
その舞台にイベント21がなれないか?私達はそう考え、子育て中のお母さんでも働きやすい職場環境作りに取り組んでいます。

突然子供が熱を出したり、幼稚園の行事が入った時は、迷わずそちらを優先してもらいたい。
急に会社を休む事になっても大丈夫なように、強力なサポート体制を整えています。

週2〜3日出勤、9時〜15時の間で1日3〜4時間の勤務。突然の休みには同じ仲間達で助け合ってフォローします。
自宅でも仕事が出来ます。やりがいのある仕事もどんどん任せていきます。

このような働き方をマザーワークと言います。私達は親しみを込めて、社内で働くマザーワーカー(パートさん)をパートナーさんと呼んでいます。
女性のワークライフバランスに取り組む事で、家庭や社会や企業が元気になり、子供が笑顔になって、日本中が元気になります。

私達イベント21は世の中のお母さん達が活き活きと社会貢献出来る職場環境を作る事で、苦しむ子育てママや鍵っ子を無くし、世の中をもっとハッピーにしていきます。



マザーワーク
協力 : 有限会社フジカワ

 

障がい者が自立し、働く事で社会に貢献する喜びを知ってもらう為の職場実習支援。

障がいを持っていても、社会に貢献出来る。自立も出来る。私達イベント21が証明します。

当社では、障がいを持つ学生さんを対象に職場実習の受け入れを定期的に行っています。
何もかも初めての経験の中で初めての人達と関わりながら、実際に仕事を進めて行く。ポジティブな組織の中で役割を持つ事で、責任感を身につけた社会人を育成していける社風がイベント21にはあります。

障がいを持った子達が通う学校に訪問した際に、進路指導の先生が話してくれた事。
障がい者を雇用する企業がほとんど無いという現実。
この子を残して先に死ねないという、親御さん達の心労は、察するに余りあるものがありました。
だけど私の目の前に居る子供達は、本当に素敵な笑顔で手を差し出し、私にハイタッチを求めてくるのです。

この現実を、何とかしたい。何とかしなければ。一体誰が?
社会の公器である私達企業がやらずに誰がやるのか。

社会に貢献する事が企業の使命。そして私達は「you happy, we happy!」という、あなたが幸せだったら、私達も幸せです!という企業理念を掲げています。
この不況下でも業績を伸ばす事の出来る元気な企業が今ここで手をあげるべきであり、それはつまり、イベント21だと私は信じています。
全てはハッピーをクリエイトする為に、強い企業になる必要があると確信して、私達は毎日一生懸命汗を流して経済活動をしているのですから。

私達イベント21は障がいを持つ人達に職場実習の機会を提供する事で、一人でも多くの手を差し伸べるべき人達に自立出来るチャンスと、仕事を通じて社会に貢献する喜びを知ってもらいたいと考えています。



協力 : 奈良県立高等技術専門校



 

未来の世界を守りたいから、地球環境保全への取り組み。

世界中の子供達に素敵な未来を残してあげたい。

お客様からお仕事をいただき、私達は一生懸命に頑張る。すると会社が少し大きくなって、世界にポプラの樹が1本増える。 私にも娘が居ます。正直めちゃくちゃ可愛いです。我が子に緑豊かな世界をずっと見せ続けてあげたい。
お客様からいただいたお金を、少しだけポプラの樹に変える理由。本当は、ただそれだけなんです。

きっと皆様も、同じ想いだと思うから。

私達イベント21は自社パンフレットの一部に広告を掲載する事により、内モンゴルのホルチン砂漠にポプラ苗木20本を植林しています。

緑化前の砂漠 2000年 緑化後、1年経過 2001年 緑化後、8年経過 2008年
2000年 緑化前の砂漠 2001年 緑化後、1年経過 2008年 緑化後、8年経過

主催 : シーパ / 寄付先 : NPO法人緑化ネットワーク

 

貧困・紛争の中で懸命に生きている難民の保護支援。

「知らないから何もしない」よりも、「知って何か出来ることをする」人間でありたい。そして、そんな人間が集まる会社でありたい。

内戦や紛争に巻き込まれたり、宗教や人種、政治的な立場が違うといった理由で迫害をうけ、ある日突然、着の身着のままで逃げ出さざるを得なかった人々が世界中にたくさんいます。

そして、水、衛生、医療、教育などの整備がままならない厳しい生活環境のなか、決して希望を失わず、日々を懸命に生きている人達の保護や、キャンプの設置、毛布や食事の提供、教育や職業訓練など平和が戻った故郷で生活を再スタートするまで、あらゆる面で支える為の活動があります。

私達イベント21は、故郷を追われ困難に直面している難民の人々が、未来への希望をもって生きていけるように、売上の一部を義援金として送金しています。


感謝状をいただきました。

送金先 : 国連UNHCR協会

 

ドラッグ・アルコール依存からの社会復帰支援。

地域社会に活かされている企業として、何が出来るのか。
人間はみんな弱いから、何かに逃げてしまう事だってあると思います。
八方塞がりで苦しんでいる人が居て、でも、そんな状況からもう一度頑張ろうとしている凄い人達が居ます。
私達には何も出来ないけれども、もしかしたら小さなきっかけを作るぐらいは出来るかもしれない。

私達イベント21は、ドラッグ・アルコール依存から更生しようと一生懸命頑張っている方達に社会で働く機会を提供する事により、彼等の社会復帰支援に取り組んでいます。




協力団体 : 奈良ダルク



 

スポーツは夢や感動を生み出せる。地元奈良をもっと元気に。奈良から初のJリーグ昇格を目指すサッカーチーム「奈良クラブ」のスポンサー支援。
奈良クラブ イメージ 奈良クラブ イメージ1 奈良クラブ イメージ2 奈良クラブ イメージ3 奈良クラブ イメージ4 奈良クラブ イメージ5 奈良クラブ イメージ6 奈良クラブ イメージ7 奈良クラブ イメージ8 奈良クラブ イメージ9 奈良クラブ イメージ10 奈良クラブ イメージ11 奈良クラブ イメージ12 奈良クラブ イメージ13

▲上記の画像にカーソルをあわせると、下の画像が切り替わります。

奈良クラブ イメージ画像

子供達の夢や笑顔には、周りを元気にするパワーがあります。地元にJリーグのサッカーチームがあったら。地元に、家族や友達、仲間や恋人と一緒にサッカーの試合を見に行けるスタジアムがあったら。

イベント21は奈良を拠点とする企業として、また、奈良で生まれ育った従業員が多く働いている企業として、奈良に恩返し出来る企業でありたいと考えています。これは自分の親を幸せにしたい感覚に似ているかもしれません。
お世話になっている地元奈良の地域活性化に貢献したいという想いから、奈良から初のJリーグ昇格を目指すサッカーチーム「奈良クラブ」のスポンサー支援をおこなっております。

奈良にJリーグ昇格のサッカーチームが出来る事で、
例えば、子供が「プロサッカー選手になりたい!」と思った時に、地元にJリーグのサッカーチームがあればその夢を叶えられるかもしれないから。
例えば、家族や友達、仲間や恋人、自分の大切な人と一緒にJリーグのサッカーの試合を見にスタジアムに行く、そんなワクワクを奈良の日常にクリエイトしたいから。
例えば、奈良クラブが有名になる事で沢山の人が奈良に集まってきます。つまり、地域の経済活性化に繋がるから。

なぜ奈良クラブなのか。
それは、奈良クラブGM矢部さんが弊社にお越しくださり語って下さった「奈良を元気にしたいんです。力を貸してください」という想いに共感出来たから。
なぜなら、地域を元気にする事、これは「you happy, we happy!」を理念に掲げるイベント21が事業を通して目指している目的の一つでもあるからです。

そして、奈良クラブには、身体障がい者の選手達による車いすサッカーチームもあり、こちらは日本一のチームなんです。凄いでしょ。
例えば、生まれつき、もしくは事故や病気で体に障がいを持った方が、もし生きる希望を見いだせない中で奈良クラブの存在を知る事が出来れば。
もしかしたら「もう一度頑張ってみよう」と前向きになれるかもしれない。
多くの人に知ってもらう為に、奈良クラブはもっと有名になる必要があります。ですのでまずはJリーグ入りを目指しているのです。

私達イベント21は奈良クラブのスポンサー支援を通じて奈良にJリーグ昇格のサッカーチームを誕生させる事で、沢山の人にハッピーをクリエイトしたいと考えています。


奈良クラブ
協力団体 : 奈良クラブ

 

社員が活き活きと働ける職場労働環境作り推進企業として、奈良県から認定されました。

弊社の掲げる企業理念「you happy, we happy!」。これは「自分の周りの人を幸せにする事で自分達も幸せになれる」という意味ですが、この信念の元に活動している会社が、一番近くに居るイベント21従業員ですら幸せに出来ないのに世界を幸せに出来るはずが無いと考えております。

そして幸せは温度と一緒で伝える事が出来る。自分が幸せじゃないのに、もしくは幸せに近づけない人が、他の人を幸せに出来るはずがない。従って、お客様に幸せを生み出す役目を担う従業員自身が、決して生み出すだけではなく、ちゃんと自分も感じ取れるように、みんなが幸せになれる方法をイベント21では常に考えています。

イベント21で一生懸命に働く従業員の夢を叶えられる企業でありたい。
その想いを実現する為に取り組んできた様々な事が、結果的に社員が活き活きと働ける職場環境作りを推進している企業として、奈良県から認定される事になりました。

「奈良県社員・シャイン職場づくり推進企業」とは?
奈良県では働きやすい職場づくりを推進するために、積極的に職場づくりに取り組んでいる企業に対して「奈良県社員・シャイン職場づくり推進企業」への登録をお願いし、その企業の取組を紹介することで働きやすい職場を広げていく事業を展開しています。育児・介護との両立や男女が共に働きやすい環境など仕事と生活の調和のとれた、また、雇用の継続や復帰がしやすいなど柔軟かつ多様な働き方などができる職場づくりや女性の就業率の向上など本県の実情に対応した地域雇用の推進、正規雇用の拡大など良質の雇用環境整備に取り組んでいる「奈良県社員・シャイン職場づくり推進企業」 を登録して企業の取組内容などを県のホームページ等で紹介し、その活動を応援します。
<なら労働時報2011年7月号、奈良県HPから一部転載>


私達イベント21は、もっともっとハッピーな企業になり、もっともっとハッピーな従業員を増やす事により、世界や社会やお客様により大きな幸せを生み出し、ハッピーを伝えていける企業になる事を追及しています。

社員・シャイン職場づくり推進企業マーク
協力団体 : 奈良県公式HP - 社員・シャイン職場づくり推進企業のご紹介

  犬や猫を守れる社会構築を目指し、動物の孤児院支援

一日何匹の動物達が殺処分されているかご存じですか?

動物達の現状を知ってください。
犬と猫だけで、585頭/1日です。
内訳は、犬53,473頭+猫160,134頭=213,607頭が平成22年度に殺処分されました。365日で割った数字です。
(NPO法人地球生物会議ALIVE発行の平成22年度版「全国動物行政アンケート結果報告書より)

殺処分は安楽死ではありません。
特にガスによる処分の場合は大変苦しみ、中には死に切れず生きながら焼却炉で焼かれる子もいるそうです。
一日に苦しみながら殺されていく動物達の数を、585頭から、まずは584頭に変えたい。

今、イベント21のウェブサイトには、1日3300人のお客様が毎日、日本中、世界中から足を運んでくださっています。大変ありがたい事です。その中のどなたかが、この記事を見つけて何かを感じてくだされば嬉しい。そこから何か1歩進む事が出来るかもしれないから。もし私達のウェブサイトが今の10倍の、1日33,000人の方に足を運んでいただける価値を持つ事が出来れば、この記事を見て何かを感じてくださる方も10倍になります。現状を脱する未来への1歩が、10歩進める事になります。

イベント21が大きくなればなるほど、この私達の声も大きくなれる。もっと遠くの人にまで聞こえるような大きな声を持ちたい。だから一生懸命仕事をして、もっともっと影響力のある会社になっていかなければいけないと強く思っています。


大阪府の能勢町に、ハッピーハウスという名前の「動物の孤児院」があります。運営されている認定NPO法人日本アニマルトラスト(JAT)では、行き場の無くなった動物のケアや治療などを行い、新しい飼い主さんの募集を呼びかけています。そこに600頭前後の動物が保護されています。東日本の被災地からは、2012年8月現在も保護されてくる動物たちがいます。

この子達が幸せに暮らせるように、飼い主さんを募集しています!!!
動物の孤児院から新しい家族を探してみませんか?ぜひ会いに来てください。沢山の可愛い動物達が、あなたの差し伸べるその手を待ってますよ。

色んな事情があって里親にはなれないけど、自分も応援したいと思っていただけた方。
今、施設ではワンコ達・ニャンコ達の缶詰をはじめ、こんなものが不足しています!!!
http://www.happyhouse.or.jp/donation/lack/

皆様のご協力、どうか宜しくお願い致します。

私達イベント21は定期的に動物の保護施設を訪問する事で、食糧の寄付を行い、動物達と接しながら、現実を知り、学んだ事を、情報発信やイベントでの告知を通して動物達の現状を一人でも多くの方達に知っていただく機会を増やします。そして一頭でも多くの命が幸せに生きる事の出来る素敵な社会を作っていく手助けをしていきたいと考えています。



動物 写真1 動物 写真2 動物 写真3 動物 写真4

動物 写真5

支援先 : 認定NPO法人日本アニマルトラスト−動物の孤児院ハッピーハウス−



犬、猫好きアーティストが集結し、ペットの殺処分0を目指すミュージックイベント
『HAPPY MUSIC FESTA 〜Toward ZERO〜』

このイベントは飼い主、おうちを失ったペットたちを救いたい、殺処分されていくペットをゼロにしたいという思いを伝えると共に、 身近な音楽を通して、一人でも多くの人に動物たちを懸命に守ろうと活動している人や、団体の存在を知って欲しい。彼らを家族として迎えられない人にも、応援して欲しい。という願いを込めたイベントです。

そして、今保護されている犬、猫たちが新たな家族に出会えるキッカケになれるような、そんなミュージックイベントに出来ればと思い発足いたしました。犬、猫好きアーティスト達のいつもと違うスタイルでの演奏を聴きながら今ペットを飼ってる方、事情があって飼えない方、ペットに興味が少しでもある方、家族で、友達で、皆さんが楽しんで、動物たちに触れ合えるイベントにしたいと願っています。

2010年9月23日 大阪・服部緑地 野外音楽堂から本格的に活動を開始。継続的なイベントを目指し開催していきます。

動物たちが安心して暮らせる日が、一秒でも早く訪れることを願って…
HAPPY MUSIC FESTA 実行委員メンバー
オフィシャルHP「イベントの趣旨」から転載

イベント21は犬や猫を守れる社会構築(ペットの殺処分0)を目指しており、同じ願いが込められているミュージックイベント 「HAPPY MUSIC FESTA」を応援しています。



HAPPY MUSIC FESTA

 

未来を創る子供達に、小学生の段階からシャイに貢献する喜びを身に付ける活動支援

ご当地弁当作り ご当地弁当作り 記念写真 ご当地弁当作り 講習会の様子 ご当地弁当作り 調理風景 ご当地弁当作り イラスト ご当地弁当作り イメージ

ご当地弁当を小学生が自分達で企画し、マーケティングを行いターゲットや値段を決め、お客様が何を望んでいるのかを考え、買いたくなる仕掛けをつくる。
そして名刺を持って営業活動を行い、販売するというプロジェクトがあります。

その為には、地元の事を知らなければいけないので街を歩いてみる。すると、自分達の生まれ育った町の良さを発見していく。地元を愛するようになれる。
そして、大人達に混じって営業活動を行う事で、世の中の仕組みを学べる。社会の役に立つ喜びを肌で感じられる。

キャリア支援や、人材育成などの重要性は、ビジネスの世界では当たり前のように言われますが、本当の事をいえば大人になってからでは遅い部分も確かにあります。
社会貢献意識や価値観、仕事に対する姿勢を、大人になってから変えていくのはそんなに簡単ではないからです。

小学生という人間形成の早い段階から、郷土愛や、社会の仕組み、社会の役に立つ喜びを知る機会は、大変意味のある事だと思います。

地球の未来を創るのは子供達です。私達大人は、子供を守り、生きる事の楽しさを教え、そして可能性を伸ばしていく環境を作る責任があります。
イベント21は、彼らの可能性を広げる為に、新しい学びの機会を提供するプロジェクト「山の辺の道ご当地弁当商品化プロジェクト2012」の応援企業として、その活動を支援しています。

支援先:COLOR

イベント21の信念。

私達中小企業が企業努力を怠らずに経済活動を頑張れば、この世界にもっと大きな幸せをクリエイト出来るのではないか。

社会に貢献する事が企業の使命であり、唯一の存在意義です。
サービスを向上させて世の中をもっと便利にする事。雇用や納税で地域社会の活性化に貢献する事。そして困っている人に手を差し伸べる事。
「you happy,we happy!」(あなたが幸せなら、私たちも幸せ!)という企業理念のもと、イベント21は全力で社会の役に立てるよう、頑張り続けます。

自分達の小さな一歩で、もしこの世界を1mm変えられるなら、未来は大きく変わるかも知れない。
今はまだ小さな小さな取り組みですが、今よりももっと広く社会へ貢献出来るように、自社の業績向上を追求していきたいと考えております。