奈良県でステージ照明なら part2

2020年3月26日 │ / / / / / /

みなさん、こんにちは。
奈良本社の鴨池と申します。

 

今回は前回私の記事と紹介させていただいたイベント21でレンタル頂ける照明についてご紹介させて頂きました。

まだまだイベント21にはたくさんのレンタル照明を取り扱っておりますので第二弾をさせて頂きます。

 

奈良県でステージ照明なら

まず、以前の記事では学園祭などで使えるような機材をご紹介させて頂きました。

今回はライブ感をさらに出してみたいという人におすすめさせて頂きたいのが

ミニブルートライト LIT-181

実際に利用しているお写真がなく大変申し訳ございませんがこれのすごいところはとにかく、

他の機材とはちがい眩しい!!

業界用語でいうと〝あおり〟と言われる演出で使います。

よくコンサートなどで演者さんのテンションがあがり「みなさん元気ですか??」

観客に呼びかけそれに対し「イェーイ!!」みたいな場面見たことありますよね。

 

そんな時にピカッと観客席が光る事ってありません。その時に光ってるのがこれです。

眩しすぎる事から「目潰し」と言われることもあります。

 

ただし、この機材の電源は、「C型コネクタ」と言われる少し特殊な電源ケーブルです。

 

ホールやライブハウスではよくあるかと思いますが、

なかなか一般的な場所では使えない事もあるので難しい場合は

以前の記事で紹介させていただいた

パーライト LIT-001E

 

でも設置の仕方によっては同じ演出ができるのでよかったらそちらも合わせてご検討くださいませ。

 

今日はここまで。

次回はまた別の照明機材をご紹介できればと思っておりますので乞うご期待。

 

このページをシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です